ウッドデッキは自分でお手入れする楽しみがある

輸入住宅などには必ずといって良いほどウッドデッキがついていますが、
なかには家本体よりもこの外付けのデッキやラティス、フラワーボックスなどの
仕様が気に入って、家を建てたという人もいるのでビックリします。
こだわってるな~、と思います。
そしてウッドデッキを好む人は、自分で塗る楽しみを知っていますね。
以前に営業で訪問したお宅で、ご主人がどうしてもデッキを見せたいらしく、
お庭に出てお食事をご馳走になった事もありました。
テーブルと椅子も全て木製で、デッキと同じ色に統一されているというこだわり様。
スノコ板や手すりの細かいところなんかはやはり塗りムラになっていたりして、
それがまた味わいなんでしょうね。
まるで北欧の家のような、素朴さとオシャレな感じがありますよね。
ちなみに市販で売っている塗料では、キシラデコールという溶剤が有名です。
これは表面を塗膜で覆うわけではなく、木の中に染み込んでいくものなので、
塗れば塗るほど味わいが出てくるものです。